Googleのモバイル検索順位に、スマホ対応サイトかどうかが関係する!2015年4月21日より導入

Googleのモバイル検索順位に、スマホ対応サイトかどうかが関係する!2015年4月21日より導入予定

Googleが先日、スマートフォン(スマホ)での検索順位に、スマホ対応サイトかどうかが関係することを発表しました。スマホからの検索だけに影響するようです。

4月21日から導入予定とのことなので、モバイル検索が多いサイトでまだスマホ対応していないようでしたら、これを機にスマホ対応を一気に進めてしまうのもよいかもしれません。

 ついに、スマホ対応しているかがランキング要因になる

参考サイト

【追記:2015年4月21日】

本日より、Google は全世界でモバイル フレンドリー アップデートを開始しました。

(追記ここまで)

Google社員へのインタビュー記事

スマホ対応についての、下記の質問と答えがありました。一部をご紹介します。

「スマホ対応」アルゴリズム更新の疑問にGoogle社員が答えた より引用

Q: サイトがモバイル対応していなかったとしたら何をすればいいか?

モバイル対応したサイトを作る。

Q: モバイル検索にだけ影響するのか?

スマートフォンユーザー(モバイル検索)だけに影響する。

スマートフォンがまったく重要でないと完全に言い切れるなら対応する必要はない。
でも長い目で見れば必要になるだろう。

自分が知る限りでは、PCからの検索には影響しない。

自分のサイト・ブログがスマホ対応か調べてみよう

【方法1】スマホからGoogle検索して「スマホ対応」と表示されるか

実際に、スマートフォンからGoogle検索をしてみます。

スマホ対応していると、検索結果に「スマホ対応」という表示がされます。画像の、赤枠で囲っている部分ですね。

スマホ対応していない場合は、特に何も表示されず、通常の検索結果となります。

この「スマホ対応」表示、これまでは閲覧者のための案内としての役割にとどまっていたそうなのですが、これが今後は、「検索順位に関係する」ということのようです。

また念のため、iPadで検索してみたところ、スマホ対応の表示はありませんでした。あくまでも、モバイル検索のみのようです。

スマートフォンでのGoogle検索結果

【方法2】Googleの「モバイル フレンドリー テスト」で調べる

Googleでは「モバイル フレンドリー テスト」というツールが提供されています。ページのURLを入力して「分析」ボタンを押すだけですので、ぜひ調べてみましょう!

※Googleではスマホ対応のことを「モバイル フレンドリー」と表現されます。

モバイルフレンドリー(スマホ対応)の場合

ここはひとまず自分のブログをチェックしてみます。モバイルフレンドリーのはずです。

「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」との結果でした。

問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。
このページはモバイルフレンドリーです。

モバイルフレンドリーではない場合

これはどこのサイトが良いのか迷ったのですが…、足立区民ということで、足立区のホームページを調べてみました。

残念ながら、「モバイル フレンドリーではありません」との結果が。さらに、「このページがモバイル対応ではない理由」を教えてくれます。

モバイルフレンドリーではありません
モバイルフレンドリーではありません

【ちょっと寄り道】本当にスマホ対応していないのか?

しかし、まさか区のホームページがスマホ対応していないはずがない!と思いまして、実際にスマホから「足立区」で検索してみました。

その結果、検索結果には「スマホ対応」の表示はありません。「やっぱりスマホ対応してないのかな?」と思いながらタップしてみます。

するとトップページの最上部には、「スマートフォン用トップページを表示する場合にはこちらをタップしてください」という、押しづらい小さなボタンがありました。こちらをタップしたところ、スマートフォン用のトップページが表示されました。

 でもスマホ対応はトップページのみ

スマートフォンに対応しているのは、「トップページ」のみでした。スマートフォン用のトップページからリンク先をタップすると、通常のパソコン用のページに飛びます。もちろんスマホ対応ではないので文字が小さく、拡大(ピンチアウト)しないと読めません。

そのため、現時点では「モバイルフレンドリーではない」ことになります。

【方法3】Google ウェブマスターツールにサイトを登録している場合

Google ウェブマスターツールに登録しているサイトが、スマホ対応していない場合は、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」と表示されます。まだ同時に、メールも届きます。

スマホ対応とはどんなホームページなのか?

スマホ対応には、大きく分けて2つの方法があります。

1. スマートフォン専用サイトを用意する

パソコン用とは別に、スマートフォン専用サイトを用意します。スマートフォンでのアクセス時に、自動または手動で、専用サイトに切り替えるようにする方法です。

そのため、URLがそれぞれ別になります。先ほどの例に出しました、足立区のホームページのトップページが、このパターンですね。

例えば、パソコン用が<http://example.jp>だとすると、スマホ専用は<http://example.jp/smartphone>のようになります。同じトップページでもURLが変わってしまいます。

パソコンとスマホで、明確にコンテンツやデザインを分けて専用サイトを用意したい場合は、こちらの方法を利用します。

2. レスポンシブウェブデザインを採用する

1つのURLでパソコン・タブレット・スマホなどの種類や画面の大きさによって、デザイン(レイアウト)を切り替える方法です。コンテンツは同じなので、管理がしやすいです。

例えば、パソコン用では2カラム(ブログ記事エリアとサイドバー)のデザインだけど、スマートフォンで見るときはサイドバーは横ではなく、ブログ記事の下に表示されるようにします。

画面の小さなスマホでは、文字は大きく読みやすいよう、ボタンも大きめで画面いっぱいに表示させて押しやすくします。

パソコン上からでも、ブラウザの幅を縮めたり広げたるすることで、画面の幅によってデザインが変化していくので、おもしろいですよ!

「レスポンシブウェブデザイン(RWD)」「レスポンシブデザイン」と呼ばれています。

※「レスポンシブ」ではないのでご注意を。

Googleでは「レスポンシブデザイン」をすすめているようです

Googleの「ウェブマスター向けモバイルガイド」に、「初心者として避けたい3つのミス」というページがあります。

その中の「ミスその2」では、レスポンシブ(ウェブ)デザインをおすすめしています。そちらの記事を引用します。※太字は私側での設定です。

ミスその 2 – モバイルサイトを PC 向けサイトとは別のドメイン、サブドメイン、サブディレクトリに実装してしまう

Google では様々なモバイルサイトの構成をサポートしていますが、モバイル用に別の URL を作成すると、サイトの保守や更新の手間が大幅に増えるほか、技術的な問題を引き起こす可能性のある要素を抱えることになります。

通常は、レスポンシブ ウェブ デザイン(RWD)を採用して PC とモバイルに同じ URL でサイトを配信することにより、サイトの構成を大幅に簡素化することができます。レスポンシブ ウェブ デザインは Google がおすすめする構成です。

今日のまとめ

ついにスマホ対応かどうかが、検索順位に関係してくるようになるのですね。特に、店舗・飲食店・サロン・クリニックなどはモバイル検索が多いですので、早めにレスポンシブデザインに対応させたほうがよさそうです。

WordPressやその他CMSでホームページを作っている場会は、レスポンシブデザインに対応したテーマ・デザインが用意されていますので、そちらを利用することもできます。

これから新しいホームページを作る場合は、ぜひモバイル対応させましょう。検索順位への影響ももちろんですが、やっぱりスマートフォンで見るお客様には、スマホ対応している方が見やすく使いやすいですからね。

今日のうちのねこ

冷蔵庫の上大好き、にゃんも
冷蔵庫の上大好き、にゃんも

家中で一番高い場所、冷蔵庫の上。にゃんもはこんなに丸ーい体ですが、ジャンプ力はすごい!